TOP > お役立ちブログ > アパート経営におけるインターネット導入の効果や費用と注意点

アパート経営におけるインターネット導入の効果や費用と注意点

  • 21.07.24
4580621_s
4580621_s

アパート経営をするうえで、近年、注目を浴びているのがインターネットの導入。

いったいインターネットを導入することで、どのような効果が生まれるのか。

逆に、注意点とは? 費用はどれくらいかかるの?

ここでは、アパート経営をするうえで知っておきたい、インターネット導入についてお伝えします。

 

アパート経営におけるインターネット導入による効果

アパートのオーナーが自分のアパートにインターネットを導入することで得られる効果を解説します。

 

1.ニーズが高い

多くの入居者が、「インターネットに無料接続できるアパートに住みたい」と考えています。

スマートフォンなどの場合、ケータイ電話会社の回線を使えるから、Wi-Fiは不要なのではないか、と考える人も多いですが、近年はスマホやタブレットを使って動画配信サービスを利用する人も多いです。

その場合、通信会社の回線ではなく、Wi-Fiを使ったほうがスムーズに視聴できると感じている人も少なくありません。

 

インターネット回線を個人で引くことも可能ですが、引っ越しの度にその手続きをするのは手間がかかります。

そのため、手続き不要で、入居したその日からインターネットを利用できるというのは、ある一定の層からは高い支持を集めることができます。

 

今やインターネットは生活の必需品。

だからこそ、インターネットを利用できるアパートに住みたいと考える入居者が増加しています。

 

空室対策としてインターネットの導入をする大家さんは多いです。

空室になってしまう以外にもリスクはありますので、回避方法と一緒に知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

アパート経営における5つのリスクと回避する方法

 

2.家賃収入の向上が期待できる

入居者の中には「多少家賃が高くても、インターネット設備が充実しているところのほうがいい」と考えている人もいます。

 

リフォームなどさまざまな手を尽くしたけれども、「これ以上収益アップの手段が見つからない!」という大家さんはぜひインターネットサービスの導入を考えてみてください。

既存の家賃等にもよりますが、2,000~3,000円ぐらいの家賃アップの可能性があります。

 

個別でインターネット回線を引いた場合、5,000~7,000円ぐらいかかるので、入居者は「このぐらいの費用負担でネットが使い放題なのは安い!」と感じられます。

 

3.近隣の競合物件との差別化が図れる

周囲に似たような物件が多くある場合、“インターネット無料”を導入して差別化を図ることもできます。

 

とくに若者世代は、テレビよりもインターネットで動画を視聴する時間のほうが長いようです。

また、昨今は、ネットゲームをするためにインターネット回線が必要不可欠です。

 

人気のエリアには競合物件が存在しがち。

家賃も間取りもほぼ一緒、といった場合、インターネット無料が決定打になる可能性もあります。

 

インターネット導入方法

インターネットの導入方法として、以下の2つが挙げられます。

 

1.宅内設置型

各戸に有線でWi-Fiをつなぐタイプの導入方法。

最初は回線引き込み工事が必要ですが、宅内でWi-Fi接続ができるため、回線が安定しやすいです。

そのため、インターネットの利用者が多いアパートに向いています。

有線でWi-Fiを引き込むため、有線LANも使用できます。

 

ただし、各部屋においての工事の立ち合いが必要なため、すでに入居者のいるアパートの場合、導入が難しい可能性があります。

 

2.共用部設置型

アパートの廊下や壁などにWi-Fiルータを設置する方法。

各部屋の工事が不要なため、比較的簡単にWi-Fi環境を整えられます。

 

しかし使用できる範囲が限られているため、利用者の満足度は宅内設置型に比べて落ちる可能性も。

基本的には、木造アパートでのみ利用できる方式となります。

 

インターネット導入費用

インターネットを導入した際、以下の経費がかかります。

 

1.初期費用

初期費用として、工事費用などがかかります。

業者やサービス内容によって異なりますが、1戸5万円程度を目安としておくのがいいかもしれません。

近年は、初期費用無料サービスを行っている業者もあるので、気になる方は調べてみるのもいいでしょう。

 

2.月額費用

毎月のプロバイダー料や保守費用などが必要になります。

月額使用料は、サービス内容や業者によって大きく異なりますが、大体1戸500円ぐらいと考えておくと良いと思います。

戸数が多いほど、1戸当たりの費用は安くなる傾向にあります。

 

実際に導入する段階になったら、必ず複数社から見積もりを取りましょう。

建物の構造によっては導入できないケースもあるので、事前にしっかり調べておきましょう。

 

インターネット導入時の注意点

最後に、インターネット導入時の注意点をお伝えします。

 

1.費用対効果を確認しておく

インターネットの導入が、必ずしも入居者の満足度を高めるとは限りません。

例えば、比較的高齢の人が多く住むアパートの場合、そこまでインターネット導入を必要としない場合もあります。サラリーマンなども会社ではインターネットをよく利用するかもしれませんが、家では通信会社の回線さえあれば十分かもしれません。

 

また賃料の安さを売りにしている場合、たとえインターネット回線を導入したからといって、家賃をアップしてしまえば、入居者が減ってしまうことも考えられます。

そうならないためにも、自分のアパートの入居者は何を求めているのか、入居者ニーズを的確につかむことが重要です。

 

2.通信速度にも注意する

しかし“無料”だけを頼っていてもいけない場合があります。

現代では多くの人がネット回線の通信速度も重要視します。

 

たとえ、インターネットが無料で利用できたとしても、一つの回線を多くに人が同時に使用する場合、通信速度が遅くなってしまい「全然使えない」となってしまう可能性もあります。

通信速度が遅いことが逆にクレームにつながり、最悪、退去の原因になってしまうかもしれません。

 

近年はインターネットでの会議やオンライン授業などが増え、回線の需要は高まっています。

インターネットを導入する際は、値段だけでなく、通信速度の速さや安定についても考慮しましょう。

 

3.建物の構造によっては、インターネットを導入できないこともある

どこでも簡単にインターネットの回線を引けるとは限りません。

とくに共用部設置型では、鉄筋コンクリート造などの場合、電波が届かないことも。

鉄筋コンクリート造のアパートでも電波を飛ばすことができるサービスを提供している会社もありますので、実際に利用できるか否かは、各業者に問い合わせましょう。

 

4.途中で解約すると解約料金が発生することも

「やっぱりインターネット無料をやめたい」「業者を替えたい」と思っても、契約期間内だと、解約金が発生する場合があります。

上記のように、通信速度が遅いなどのクレームを受けると、「業者を替えたい」などの気持ちが出てくるかもしれません。

その際、解約金が発生したらがっかりしてしまいますよね。

 

解約金を支払わなくても済むよう、最初の業者選びはしっかり行うようにしましょう。

 

マリモコンサルティングでは、長期に渡り安定したアパート経営をご提案しております。

弊社の木造アパート経営の情報はこちらからご確認ください。

 

関連記事

アパート経営に必要な資金や初期費用

大家になるには?大家になるメリット・デメリットや事前に知るべきこと

アパート経営土地あり、土地なしそれぞれの始め方

物件の詳細情報・資料請求はこちら!Contact & Document Request

販売価格・利回り・想定年間収入をはじめ掲載物件の詳細情報をまとめた資料(無料)をご用意しております。
興味をお持ちの投資家の皆様、この機会にぜひご覧ください。